ホーム »

20代をハゲコンプレックスで棒に振った男

ええ、僕のことですよ。

コンプレクスってのは人間特有のものなんでしょうか?

これほどまでに人間を消極的にする存在はもはや兵器。

女性の場合は容姿で男性の場合は薄毛だと僕的には感じています。
男だと身長も同じ位コンプレックスになるかな?
よくデブもコンプとか言うけど、デブなんて努力で治りますから。

あんなのは甘えであってコンプレックスとは認められません。
その点ハゲはなかなか努力では改善出来ない。
身長は絶対無理ですけど・・・。

僕の場合は身長も167センチなんで平均身長にも届いてないレベル。
ある意味ハゲとの二重苦とも言えるでしょう。
女性に話しかけるだけでも心臓がバクバクいっちゃう感じで、38歳の現在までお付き合いした経験もございません。

こんな人生おくっているやつだっているんですよ、世の中。
僕の周りの友達でも似たような奴は結構いるし。
華やかな人間だけがピックアップされて目立っていますが、世の中にはそれ以上に恵まれない人間は多い。

それが事実です。
でもコンプレックスを解消するために自分でできる限りのことはしようと思って。
まずは育毛剤を買ってみました。生え際のハゲに効果的と言われていた商品みたいです

期待しちゃいけないってのはわかってるけど、心の何処かでめちゃくちゃ期待している自分がいるw
育毛剤でハゲが治れば苦労はないですよ。
世の中にどれだけハゲの男がイルと思っているんですか?

大体成人男性の3分の1が薄毛の悩みをもっているらしい。
もちろん悩みの程度は人それぞれだけど、それだけ薄毛人口は多いってわけですよ。
でも命にかかわる病気とかじゃないから薄毛治療の分野は研究が全然進んでないみたい。

まぁ癌の治療とかに比べればハゲの悩みなんてささいなことかもしれないですけどね。
でもその悩みのせいで貴重な若い時期を失ってしまう人もいるんですよ。。
厚生労働量の方々にはそれを知ってほしい。

薄毛治療の分野にもっと研究費をつぎ込んで欲しいなぁ。
まだ育毛剤はつか始めたばっかりだから効果のほどはよくわかんないけど、逐一報告していくつもりです。